おはなうえるくまらいふ

くま系ランドスケープデザイナーからみた日々の雑感と、現場、旅行先で出会ったもの。とにかく、どうでもいいけど聞いて欲しいこと。

夢と目標について

こんにちは

今回は、夢について書いてみたいと思います。

唐突ですがみなさん、夢はありますか。

小さい頃は、夢を持つのがあたりまえのように学校などで作文を書いたり、絵を描いたりしませんでしたでしょうか。ですが、大人になると何故だか。忘れてしまう夢のこと。

ちゃんと仕事して、食べていくにはそんなこと言ってられないかもしれません。

そうですよね、なんか大人になってしまうと仕事、やらなければならない事、たくさんあります。

子供だって、育んでいけなければならなかったり。

僕には、子供など養わなければいけない存在がいないので、自分勝手にこれから書くかもしれません。でも、少しおつきあいいただければ幸いです。

では、

 

 

夢ってなんだろう

I have a dream” みなさんどこかで聞いたことがあフレーズではないでしょうか。有名な方のスピーチの始まりだったり、予備校のテレビCMだったり。

いろんなシーンで聞いたかもしれません。

なんとなく思うのですが、日本語で夢っていうから「なんだか叶わないもの」を表しているようにおもいませんか?

僕は、そんな気がしてなりません。

なんか、「夢=寝て見るもの」のような。

そして「寝言は寝てから言え!」みたいな、式が出来上がってしまうのです。

あくまでも、僕の観点ですよ。

みなさんは違うかもしれません。

 

ちょっと自分の話を

僕には、夢があります。

それは、地元の短大を卒業した時に10年後の自分を考えました。

こうで、あればいいな?なんて感じで、曖昧ですが。

「10年後には、細かい分野は別にして、独立して、企業していたいな」なんて思っていました。

今は、35歳なので15年経ちました。ちょっとフラフラしたので、遅くなりましたが31歳にて、独立しました。企業と言っても屋号をつけた個人事業主に過ぎませんが、なんとかご飯をいただけています。

それで、創業した時の31歳にまた10年分の夢をみました。

「海外のコンペに挑戦して、国際的に仕事ができるようになる」です。とっても大きくでました。僕の今の生業は、小さい規模でランドスケープデザインやガーデンデザインになります。日本にはまだまだ少ない人種で。ですが、この日本でも世界でも本当にランドスケープデザインを生業としている人は、ちゃんと良い大学を出て、アメリカやイギリスなどの大学院を出ている方が多い世界になります。世界的にはとっても高学歴な職業です。でも僕は、勉強嫌いで18歳のとき地元の試験のない短大にしか行けませんでした。

それはさておき、本題にもどりますか。

とっても恥ずかしい!

 

夢?

それで「夢というから現実味が出ないんだ」と20歳の時に思ったんです、ですから。

「夢=大きな目標」と決めました。そして、細分化してステップを決めました。単純に3年ごとに何を習得するかを決めたんです。そうです、「大きな目標=小さな目標+小さな目標+小さな目標+誤差」みたいな感じで。そうすると、なんだか辛い時期でも「この期間だからしょうがない、あそこにいくには通っても仕方がない」と思えました。

今も、その途中にあって勉強しなければならないもの、特に英語(笑)もなんとか楽しく勉強できています。「その勉強、目標のためにこのくらい収益をあげよう!」とか夢みることができるんです。

 

目標

でも、あくまでも誤差も入れて考えてください。「目標」にがんじがらめになってストレスが溜まっても行けません。僕は、そうなりがちなので経験上言っています。あまりにも目標の達成が難しいと眠れない日々もあります。それで身体を壊しては元も子もありません。

そのときはゆるく、前後の誤差は絶対にあります。思い悩まないでください。

目標に負けた時は、負けたことによる好天も経験しています。六輝の先負のような状態です、スリーアウト満塁逆転ホームランは、無いようであります。ホントですよ。

それは、負けを認めてポジティブに自分の気持ち、モチベーションを切り替えた時に起こります。

少し、信じてください。いや、僕はまだまだ草野球にもいけないレベルなのですが。そんなことも起こったことがあります。

 

さいごに

では、僕もまだまだ目標の途中なので、ここまでしか言えません。

どうせ生きていく人生ならば、夢を諦めた大人ではなく、子供、後輩、周りのみんなに夢を見せる人になってみたくありませんか。そして、失敗を多く語れる大人になりたいと僕は思います。

数ある挑戦は失敗のかたまりですもの、いいんです悔しい思いも、やるせない日々も。

険しい山ほど孤独です。

語れる仲間がいても、挑戦のときはちょー孤独です。

僕の夢、目標の話は、またの機会にとっておいて、ここいら辺でお後がよろしいようで。

 

では、つたないですが今日もありがとうございます。

したっけ!

2017,9,1,21:36 田舎の片隅のWi-Fiのないミスドにて。